自鯖.netトップ > WindowsXP > ライブカメラ構築 > Teveo's VIDiO Suiteの設定

Teveo's VIDiO Suiteの設定

実は自宅サーバーを構築する上で一番の目的はこの「ストリーミングライブカメラ構築」だったりします。いま、レンタルサーバーも非常に安い時代に入りましたので、あえて自宅サーバーを立てる意味というものが薄れてきているようにも感じます。

スポンサードリンク

ここでは、安価なUSBのCMOSカメラを使って手軽に自宅サーバーにストリーミングライブカメラを構築する方法を公開いたします。

使用したソフトはTeveo's VIDiO Suiteです。

Teveo's VIDiO Suiteのインストールが完了しましたか?インストールが完了したら起動してみましょう。

Teveo's VIDiO Suiteを起動します。

Teveo's VIDiO Suiteのアイコン

  • テスクトップにTeveo's VIDiO Suiteのアイコンができました。
  • ダブルクリックして起動しましょう。

起動

  • このように起動します。

ページを表示できません

  • 少しすると、ページを表示できませんとなりますが、Teveoのサイト(http://www.teveo.com/)は消滅してしまったようで、現在アクセスができない状態になってます。
  • そのため、このような表示になります。使用上は問題ありません。

「live」をクリック

  • 「live」をクリックします。

ファイアーウォール機能

  • WindowsXPでService Pack2(SP2)がインストールさせれていて、ファイアーウォール機能が働いている場合は、このようなダイアログが出ます。
  • このダイアログが出たら「ブロックを解除する」をクリックします。解除しないとWindowsのファイアーウォールがブロックしてしまいインターネット側とTeVeoが通信できません。
  • また、ノートンやウィルスバスターなどのセキュリティソフトが入っている場合も同様な警告が出ますので、接続を許可しましょう。

カメラの映像が映し出されます

  • このようにパソコンにカメラが取り付けてある場合、すぐにカメラの映像が映し出されます。
  • このTeveo's VIDiO Suiteは起動するとカメラサーバーとしても働いています。
  • apacheなどのほかのWEBサーバーが動いていると思いますのでTeveoのポート番号を「8080」に変更しました。
  • 設定のアイコンをクリックします。

設定の画面

  • 設定の画面が立ち上がりました。
  • IPアドレスのところにはサーバーのプライベートIPアドレスが表示されているはずです。

カメラの画面大きさ

  • このドロップダウンリストでカメラの画面大きさが変更できます。

ポート番号

  • それではポート番号を変更しましょう。
  • 「PORT」のアイコンをクリックします。

「8080」に変更

  • デフォルトでは「80」が入力されていますのでポートを「8080」に変更しました。変更後「OK」をクリックします。

ファイアーウォールに関しての警告

  • ファイアーウォールに関しての警告です。「はい」をクリックします。

ソフトの再起動

  • ソフトの再起動をしましょう。

スポンサードリンク

このカテゴリの記事一覧

  • あなたの見ているこのページはTeveo's VIDiO Suiteの設定です。

当サイトについてと免責事項

  • 自鯖.netは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

サーバー構築するために

サーバーソフト

もう一歩進んだサーバー

あなたのキャリアアップをしませんか?

ヒューマンアカデミーはコンピューター、Web系の講座が充実しています。

もちろん資料請求は無料です。

2005-2011 copyright(c) 自鯖.net All Rights Reserved. directory