自鯖.netトップ > WindowsXP > ライブカメラ構築 > USBカメラのインストール

USBカメラのインストール

実は自宅サーバーを構築する上で一番の目的はこの「ストリーミングライブカメラ構築」だったりします。いま、レンタルサーバーも非常に安い時代に入りましたので、あえて自宅サーバーを立てる意味というものが薄れてきているようにも感じます。

スポンサードリンク

ここでは、安価なUSBのCMOSカメラを使って手軽に自宅サーバーにストリーミングライブカメラを構築する方法を公開いたします。

使用したソフトはTeveo's VIDiO Suiteです。

それではまず、USBカメラのインストールから始めてみましょう。

USBカメラ QcamExpressのインストール

QcamExpress QV-31

  • LogicoolのQcamExpress QV-31です。
  • もう生産中止になっているカメラなので、Windowsで認識されるUSBカメラなら何でもよいのではないでしょうか
  • 私はこのLogicoolのQcamExpress QV-31W(新品)をヤフオクで手に入れました。

LogicoolQcamExpress型番QV-31

  • カメラ: LogicoolQcamExpress型番QV-31
  • センサーCMOS
  • 接続USB
  • 電源はUSBより供給
  • ビデオキャプチャー320×240ピクセル(最大)
  • フレームレート30fps
  • お手軽安価なUSBカメラです。

USBポート

  • USBをTHIKPAD390XのUSBポートにさします。

WindowsXP側で認識

  • すぐにWindowsXP側で認識されます。

認識

  • あらたにCD-ROMからドライバをインストールしなくてもWindowsXPの標準ドライバーが自動でインストールされました。
  • デバイスマネージャで確認するとこのようにキチンと認識されていました。

スポンサードリンク

このカテゴリの記事一覧

  • あなたの見ているこのページはUSBカメラのインストールです。

当サイトについてと免責事項

  • 自鯖.netは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

サーバー構築するために

サーバーソフト

もう一歩進んだサーバー

あなたのキャリアアップをしませんか?

ヒューマンアカデミーはコンピューター、Web系の講座が充実しています。

もちろん資料請求は無料です。

2005-2011 copyright(c) 自鯖.net All Rights Reserved. directory