自鯖.netトップ > WindowsXP > PHPのセットアップ > PHPをApacheに設定する

PHPをApacheに設定する

PHPは、Webで使われるスクリプト言語の1つです。スクリプトのコードを直接、HTMLコードに書くことができる上、データベース操作言語であるSQLをコードの中に書くことができることから、Webのデータベースシステム構築するのに最適でしょう。

スポンサードリンク

PHPはオープンソースです。このため、ダウンロードもPHPを使うのも無料です。すべての人がいつでもすぐに使うことができます。

インストールが完了したら、PHPを動作させるために、Apacheの設定ファイル(httpd.conf)を編集します。

画像ではテキストエディターに行数表示がしてありますので、探す行数の目安にしてください。しかし、設定内容によってはあなたの設定ファイルと位置が違うと思いますのであくまでも目安としましょう。

PHPをApacheに設定する。httpd.confの編集

httpd.confの編集

  • スタートボタンより「プログラム」⇒「Apache HTTP Server」⇒
    「Configure Apache Server」⇒「Edit Apachehttpd.Conf Configuration File」を選択します。
  • 選択すると指定されたテキストエディターで編集できます。(画面はTerapadです)

ScriptAlias〜

  • 515行目付近の「ScriptAlias〜」を探します。

「ScriptAlias /php/ "C:/php/"」と入力

  • 「ScriptAlias /php/ "C:/php/"」と入力追加します。

#AddType〜

  • 515行目付近の「#AddType〜」を探します。

入力

  • その下に「AddType application/x-httpd-php .php」と
    「AddType application/x-httpd-php-source .phps」 と入力します。

#Format〜

  • 801行目付近の「#Format〜」を探します。

入力追加

  • 「Action application/x-httpd-php "/php/php.exe"」と入力追加します。

Apacheを再起動

  • スタートボタンよりApacheを再起動します。

スポンサードリンク

このカテゴリの記事一覧

  • あなたの見ているこのページはPHPをApacheに設定するです。

当サイトについてと免責事項

  • 自鯖.netは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

サーバー構築するために

サーバーソフト

もう一歩進んだサーバー

あなたのキャリアアップをしませんか?

ヒューマンアカデミーはコンピューター、Web系の講座が充実しています。

もちろん資料請求は無料です。

2005-2011 copyright(c) 自鯖.net All Rights Reserved. directory