自鯖.netトップ > WindowsXP > DNS自動更新DiCE > DiCEの環境設定

DiCEの環境設定

DiCEをインストール・設定し、グローバルIPが変更された際、自動でダイナミックDNSにグローバルIPアドレスを更新するようにしましょう。

スポンサードリンク

プロバイダより割り当てられるグローバルIPが変更された場合、せっかくダイナミックDNSに登録した独自ドメインにアクセスがあってもWEBページが見れなくなってしまいます。

これを避けるために、ネットが切断されたりしたときにおこるグローバルIPの変更の度に、ダイナミックDNSにアクセスしグローバルIPが変更されたことを知らせなくてはいけません。

その作業を自動的にやってくれるのがこれから紹介する、DiCEです。このDiCEというソフトは無料で配布されており、グローバルIPが変更された時に その情報を感知し、あらかじめ設定された内容で、自動でダイナミックDNSにアクセスし、グローバルIPの再登録を行ってくれるソフトです。なんと便利な のでしょう。

DiCEのダウンロードとインストールはできましたか?

DiCEのインストールが完了したら続けて、環境設定をしましょう。


DiCEが起動

  • インストールが完了してDiCEが起動したところです。
  • ブロードバンドルーターのIPアドレスが取得できています。

さいころのアイコン

  • DiCEが起動しているとタスクトレイにさいころのアイコンが表示されています。

DiCEの環境設定

  • それではDiCEの環境設定を見ていきましょう。
  • メニューの「オプション」⇒「環境設定」をクリックします。

オプションの「一般」タブ

  • オプションの「一般」タブをクリックして設定しましょう。
  • DiCEのログはメニューの「ログ」⇒「ログを見る」をクリックするとログを見ることができます。

オプションの「イベント」タブ

  • オプションの「イベント」タブをクリックして設定しましょう。
  • ビープ音は必要に応じて、チェックをはずしましょう。

オプションの「プロキシ」タブ

  • オプションの「プロキシ」タブをクリックして設定しましょう。
  • 特に変更はしませんでした。

オプションの「IPアドレス監視」タブ

  • オプションの「IPアドレス監視」タブをクリックして設定しましょう。
  • インストール起動時にブロードバンドルーターのIPアドレスを自動取得できたので「自動」にチェックしたまま、特に変更はしませんでした。
  • プライベートIPアドレスは検出しないにチェックします。

オプションの「PING機能」タブ

  • オプションの「PING機能」タブをクリックして設定しましょう。
  • 特に問題が無ければ「使用しない」で良いでしょう。

定期的にPINGを送信

  • プロバイダは無通信状態が長時間続くと回線が切れる場合があります。
  • それを防ぐためにPING機能の定期的に送信するにチェックして、定期的にPINGを送信します。
  • 送信先ホストは契約しているプロバイダのIPアドレスなどを設定しましょう。

スポンサードリンク

このカテゴリの記事一覧

  • あなたの見ているこのページはDiCEの環境設定です。

当サイトについてと免責事項

  • 自鯖.netは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

サーバー構築するために

サーバーソフト

もう一歩進んだサーバー

あなたのキャリアアップをしませんか?

ヒューマンアカデミーはコンピューター、Web系の講座が充実しています。

もちろん資料請求は無料です。

2005-2011 copyright(c) 自鯖.net All Rights Reserved. directory