自鯖.netトップ > WindowsXP > ArGoメールサーバー > インターネットへポート開放

インターネットへポート開放

自宅サーバーを構築、公開運用しはじめた時、一番楽しいのは自分のサーバーからホームページが自分のドメインで運用できること。そしてもう一つは自分のドメインでメールアドレスが自由に作ることができます。

スポンサードリンク

今回、構築するメールサーバーはフリーソフトでありながら、高機能で使いやすいメールサーバーソフト「ArGo Mail Server」を使用させていただき、あなたのWindows自宅サーバーにインストール、構築をしていきたいと思います。

ダウンロード、インストールが完了したら続いてArGoSoft Mail Server メールサーバーの起動をして見ましょう。起動画面が開いたら設定をしていきます。

LAN内の送受信テストが完了したら、最後にブロードバンドルーターのメール送受信のためのポート(SMTP25番、POP110番)をインターネットに開放して送受信をしてみましょう。

メーラーはOutlookExpressを使用します。OutlookExpressをメーラーとして使用する場合、「プレビューウィンドウを表示しない」「送信設定をテキスト形式」に設定をしましょう。


ブロードバンドルーターのポートを開放します。

ブロードバンドルーターの設定画面

  • お使いのブロードバンドルーターの設定画面にアクセスします。

アドレス変換

  • 「ネットワーク設定」⇒「アドレス変換」をクリックします。

アドレス変換ルール

  • 「アドレス変換ルールを入力」をクリックします。

ポート番号である「25」

  • TCP/UDPポートはSMTPのポート番号である「25」を入力します。
  • LAN側のIPアドレスはサーバーのIPアドレスを入力します。
  • 最後に「ルールを追加」をクリックします。

ポート番号である「110」

  • TCP/UDPポートはPOPのポート番号である「110」を入力します。
  • LAN側のIPアドレスはサーバーのIPアドレスを入力します。
  • 最後に「ルールを追加」をクリックします。

アドレス変換(静的NAT)画面

  • ブロードバンドルーターのアドレス変換(静的NAT)画面に登録されました。
  • 登録をクリックするとブロードバンドルーターが再起動をしてインターネット側に設定したポートである、SMTP25番とPOP110番が開きます。

メールの送受信

アカウントプロパティ

  • OutlookExpressのアカウントプロパティです。

テスト送受信

  • メールの作成でテスト送受信をして見ましょう。
  • LAN内からではなく、他のネットワーク(会社など)から送受信してみましょう。
  • 他のメールアドレスから送受信してみましょう。

送受信

  • 送受信してみました。
  • これでメールサーバー構築の完了です。

スポンサードリンク

このカテゴリの記事一覧

  • あなたの見ているこのページはインターネットへポート開放です。

当サイトについてと免責事項

  • 自鯖.netは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。

サーバー構築するために

サーバーソフト

もう一歩進んだサーバー

あなたのキャリアアップをしませんか?

ヒューマンアカデミーはコンピューター、Web系の講座が充実しています。

もちろん資料請求は無料です。

2005-2011 copyright(c) 自鯖.net All Rights Reserved. directory